サイズもタイプも色いろ!オリジナルポリ袋制作

サイズもタイプも色いろ!オリジナルポリ袋制作 ポリ袋といっても様々な形状やサイズ、袋の厚みや素材など多数あります。
いろいろなタイプのポリ袋から、企画されるイメージや使用される場面において、選択肢は様々にあります。
会社の資料やパンフレットを入れて配布する場合などは、手穴付きポリ袋があります。
袋の色も透明や半透明、白無地のものには会社名や店舗名などを印刷できます。
スーパーなど使われている袋は物産展や直場所などの、イベント販売を行う場所での利用が多く、こちらも企業やイベント名などの印刷ができます。
スポーツやエンタメ系など、グッズ販売が中心のイベントなどには、ショルダータイプのものや巾着式になったものが多く利用されます。
特にショルダータイプのものは、若者の利用をターゲットに想定されているので、肩にかけたり背負ったりと、いろいろな形で使用できるようになっています。
手提げ付きの袋の場合は、ギフトやノベルティなどの販売に使われることも多く、マチ幅や袋のサイズも豊富にあるのが特徴です。
オリジナルポリ袋の作成を検討されるときには、いろいろなサンプルを参考にしてみるのがよいでしょう。

安価で小ロットからでも作れるオリジナルポリ袋

安価で小ロットからでも作れるオリジナルポリ袋 店舗やイベントで使用するポリ袋は、全くの無地より
オリジナルデザインがプリントされた方が好印象といえます。
しかしそのためには莫大な費用がかかったり、大量の枚数でないと
対応してくれないというイメージがあるものです。

しかし、現在ではそんな事はありません。
専門の製作会社が多くあり、ネットで簡単に注文できますから
安価で、しかも小ロットでもオリジナルポリ袋が製作できるのです。

デザインについては名入れだけでもOKですし、イラストやスローガンなども
データ入稿するだけで印刷する事ができます。
ですから、安価な製作費用で思いもよらぬ宣伝効果も期待できるのです。

そしてポリ袋の形態も、用途に応じて選択できます。
よくあるレジ袋はもちろんのこと、パンフレット等を入れる際に使う小判抜き袋や
取っ手付きのものなど、豊富に揃っていますからどんなシーンにも対応できます。

店舗や企業、そしてイベント名などを効率良くアピールしてくれる
オリジナルポリ袋の製作会社は、ネットで検索すれば簡単に多くの会社が探し出せます。
ですからネットを活用し多くの会社を比較することで、より安価に製作する事が可能です。

新着情報

◎2018/7/4

ポリ袋の一斉配布
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

三角コーナーにはスタンド式のポリ袋
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

業務用ポリ袋を発注する際の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/1/11

サイズもタイプも色いろ!オリジナルポリ袋
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

ショップの“顔”となる袋
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「袋 安価」
に関連するツイート
Twitter